修理のご相談

ダクト

よくあるご相談内容一覧
問題が解決しない場合、その他、焼却炉に関するご質問は下記、ボタンよりお気軽にお問い合わせ下さい。
よくあるご相談内容 対策例
接ガス部の破損・腐食が起こっている

通過排ガス温度が150℃以下の場合、各部で結露が起き易く なります。その上、その水分が塩化水素ガスに触れれば 『塩酸』となり、接ガス部鋼材を腐食させます。 従って、前段階である排ガス冷却設備での温度管理が非常に重要になります。

特に吸引ファンの羽根は腐食によってバランスが狂い、振動の発生にもつながり危険です。 腐食防止の為、SUSに材質変更するのも一考の価値があります。 尚、吸引ファンは振動の有無・ファンベルトの消耗等の定期的な 点検をお勧め致します。
このページのトップへ